ログイン
研修登録番号

パスワード




電子申告登録を行ったパスワードでログインしてください。
パスワードを忘れた方

CPE ONLINEへのログインについて

初めてご利用になる方は、電子申告の利用登録が必要となります。
電子申告に登録を行うと以下のサービスをご利用いただくことができます。
■電子申告
■eラーニング
■eラーニング教材
■研修会の申込
■申込研修会の照会

登録はこちらのフォームに必要事項をご入力ください。

会員共通ユーザー名について
鍵マーク が表示されている情報の閲覧には、会員・準会員の共通のユーザー名及びパスワードの入力が必要です。
※パスワードのご案内
ログインに必要な研修登録番号及びパスワードは、CPEレター2016年保存版に掲載しております。
お問い合わせ
日本公認会計士協会
総務本部 研修グループ
TEL:03-3515-1126
FAX:050-3737-6397
お問合せフォーム
制度の概要

会員事務所及び会員有志主催研修会について

Ⅰ 概 要
会員事務所や会員有志が集まって行う勉強会も集合研修となります。当該集合研修の責任者(「研修会管理者」といいます)が、実施した研修会のテーマ、開催月日、参加者名等をCPE協議会が定める様式で報告することにより、その研修会に出席した会員は申告が不要となります。
なお、本適用を受けるには、次の要件を満たすことが必要です。
  ① 「研修会管理者」は、研修会の実施と管理を一元的に行うこと。
  ② 講師がいること。(講義形式は、パネルディスカッション等を含む)
  ③ 会員・準会員の出席者数(講師含む)が3名以上であること。
  ④ CPEカリキュラム一覧表に合致した研修会であること。

Ⅱ 事務手続き
1. 主催者の登録
主催者の登録が必要です。初めて報告する場合は電子申告システムから有志主催研修会の登録申請をしてください。(※この段階ではまだ仮登録です。本登録まで数日かかることがありますのであらかじめご了承ください。) 
本登録完了のお知らせが届きましたら、電子申告システムから主催者コードの入った報告書雛型をダウンロードしてください。

2. 管理者の行う手続き
(1) 研修会開始前
研修会の案内状等に「主催者が、研修会の出席記録をCPE協議会に報告することにより申告になるので、当日の出席会員は自分で申告する必要がない。」旨を記載して対象会員に周知。

(2) 研修会当日
次のいずれかの方法により、当日出席した会員の出席を記録
①研修カードによる場合(出席者が多い場合)
 出席した会員の研修カードを協会で貸出す磁気カードリーダーで読み取り、出席を記録
②署名簿による場合(出席者が少ない場合)
 出席した会員は、CPE協議会が定める様式の署名簿に署名し、出席を記録

(3) 研修会終了後
上記(2)により記録した研修会の出席者記録をCPE協議会が定める様式により速やかに報告。


※クライアント向けあるいは、会員・準会員以外を対象とした営利を目的とする研修は、承認されませんのでご注意ください。