ISSBセミナー
サステナビリティ情報開示の未来像を考える
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム
&同時ライブ配信(Zoom)
Emmanuel Faber ISSB 議長
 
2022.10.28
Fri. 13:30-16:00

開催にあたって

今、グローバルにサステナビリティ情報開示の重要性が、急速に高まっています。

国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、2022年3月にサステナビリティ関連財務情報開示に関する二つの基準案を公表しました。日本においてもサステナビリティ基準委員会(SSBJ)が設立されるとともに、有価証券報告書におけるサステナビリティ情報の開示についての検討も進んでいます。

本セミナーでは、ISSB議長であるエマニュエル・ファベール氏をお迎えし、ISSBの目指す企業情報開示の方向性と国際基準設定の取り組みについてご講演いただくとともに、我が国の主要な関係者、サステナビリティ開示をリードされる方々に議論を深めていただきます。

サステナビリティ開示の未来像を紐解く本セミナーに、ぜひご参加ください。

開催概要
日 程
2022年10月28日(金) 13:30-16:00
※12:30開場
開催方法
ハイブリッド開催(会場 + オンライン)
※同時通訳あり
会 場
虎ノ門ヒルズフォーラム5F メインホール
東京都港区虎ノ門 1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー 5 階
※定員 200 名
※会場参加申込期限:2022 年 10月25日(火)
(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費
無料
共 催
日本公認会計士協会
CPE3単位(2301)
公益財団法人 財務会計基準機構(FASF)
※本セミナーは、国際会計人材ネットワークの活動の場として、
第6回シンポジウムとしても開催するものとなります。
https://www.asb.or.jp/jp/other/network.html
後 援
金融庁
株式会社 日本取引所グループ・株式会社 東京証券取引所
公益社団法人 日本証券アナリスト協会
IFRS財団アジア・オセアニアオフィス
一般財団法人 会計教育研修機構
会場参加の
お申し込み
オンライン参加の
お申し込み

※会場参加は定員に限りがありますので、
お早目にお申込みください。

タイムテーブル

※12:30開場

13:30
開会挨拶
林田 英治
(公益財団法人 財務会計基準機構(FASF) 理事長)
13:35
基調講演Ⅰ
Emmanuel Faber
(ISSB議長)
13:55
基調講演Ⅱ
藤丸 敏 
(内閣府副大臣)
14:05
サステナビリティ開示基準の現在と将来
~ビルディングブロック・アプローチを有効に機能させるために~
Emmanuel Faber
(ISSB議長)
川西 安喜
(サステナビリティ基準委員会(SSBJ)委員長 兼 企業会計基準委員会(ASBJ)委員長)
園田 周
(金融庁企画市場局企業開示課 国際会計調整室長)
高村 ゆかり
(東京大学未来ビジョン研究センター教授)
モデレーター
 
藤本 貴子
(日本公認会計士協会 副会長)
15:05
ゲストスピーチ
小森 博司
(ISSB理事)
河野 正道
(株式会社三菱UFJ銀行 顧問/IFRS財団トラスティ)
15:15
持続的価値創造を支えるサステナビリティ開示の実現に向けて
〜グローバル基準の意義と課題〜
井口譲二
(ニッセイアセットマネジメント株式会社 執行役員統括部長チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー)
川那部 留理子
(株式会社大和証券グループ本社経営企画部SDGs推進室 室長)
溝内 良輔
(キリンホールディングス株式会社 常務執行役員)
モデレーター
 
森 洋一
(日本公認会計士協会 テクニカルディレクター)
15:55
閉会挨拶
茂木哲也
(日本公認会計士協会 会長)

※プログラムは変更になることがあります。 

セミナー資料のご案内です。下記よりダウンロードしてください。

基調講演Ⅰ :  国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)の最新動向 
エマニュエル・ファベール 氏
 ダウンロード

持続的価値創造を支えるサステナビリティ開示の実現に向けて :
キリンのサステナビリティ開示 溝内 良輔 氏 ダウンロード

登壇者
ISSB議長
Emmanuel Faber
ISSB議長
Emmanuel Faber

1997年に最高財務責任者、戦略担当として多国籍食品企業ダノンに入社。2014年最高経営責任者、17年取締役会会長に就任。21年の退任まで、20年に渡りダノンでリーダーシップを発揮。21年10月にAstanor Venturesのパートナーに就任。2022年1月1日から国際サステナビリティ基準審議会の議長に就任。フランスのHEC Parisで経営学の修士号を取得。

内閣府副大臣
福岡県出身
衆議院議員福岡県第7区選出
藤丸 敏
内閣府副大臣
福岡県出身
衆議院議員福岡県第7区選出
藤丸 敏

平成8年9月より衆議院議員古賀誠事務所にて秘書として勤務。平成24年11月の衆議院総選挙にて福岡県第7区から初当選を果たし、現在4期目。平成27年第三次安倍改造内閣では防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官を務め、令和4年第二次岸田改造内閣において内閣府副大臣(経済財政政策、金融行政等)に就任。

金融庁 企画市場局 企業開示課 国際会計調整室長
園田 周
金融庁 企画市場局 企業開示課 国際会計調整室長
園田 周

2018年7月より現職において、会計・監査・開示・サステナビリティ報告に関する政策を担当。2018年10月、証券監督当局の国際機関であるIOSCO(証券監督者国際機構)で会計・監査・開示政策を担当する委員会(Committee 1)の議長に史上初めて日本人として就任。2022年3月より、IOSCO内に新設された、サステナビリティ保証に関する作業グループの共同議長も務める。

東京大学未来ビジョン研究センター教授
高村ゆかり
東京大学未来ビジョン研究センター教授
高村ゆかり

島根県生まれ。専門は国際法学・環境法学。京都大学法学部卒業。一橋大学大学院法学研究科博士課程単位修得退学。龍谷大学教授、名古屋大学大学院教授などを経て現職。

主な研究テーマは国際環境条約に関する法的問題、気候変動とエネルギーに関する法政策など。中央環境審議会会長、金融庁サステナブルファイナンス有識者会議委員、金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ委員、アジア開発銀行の気候変動と持続可能な発展に関する諮問グループの委員なども務める。編著書に『環境規制の現代的展開』『気候変動政策のダイナミズム』など。

ISSB理事
小森博司
ISSB理事
小森博司

住友信託銀行(現三井住友信託銀行)証券代行部門において、証券代行機関として我が国初のIRグループを立上げ。証券代行機関として我が国初のIRグループを立上げ。国内・海外機関投資家がテーマとするコーポレート・ガバナンス+議決権行使、国内および海外実質株主判明調査、ESGに関する国内外機関投資家動向等の情報提供およびコンサルティング活動に従事。2015年から年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のスチュワードシップ・ESG部門の立ち上げを担い、今年3月まで同部門を統括。本年9月1日から国際サステナビリティ基準審議会の理事に就任。国際大学大学院修士課程(国際関係学専攻)を取得。

株式会社三菱UFJ銀行顧問 / IFRS財団トラスティ
河野 正道
株式会社三菱UFJ銀行顧問 / IFRS財団トラスティ
河野 正道

2021年7月にIFRS財団評議員に就任。2017年8月から2021年10月までは、経済協力開発機構(OECD)事務次長として、金融、環境等の政策分野を担当。それ以前は、金融庁で、金融国際審議官、グローバル金融連携センター(GLOPAC)所長等を歴任。この間、金融安定理事会(FSB)のメンバー、証券監督者国際機構(IOSCO)では、技術委員会の委員長、IOSCO代表理事会の初代議長を歴任。IFRS財団との関係では、2009年に創設されたモニタリングボードの暫定議長及び議長を務める。現在は、三菱UFJ銀行の顧問、三菱UFJフィナンシャル・グループのグローバル・アドバイザリーボード委員。

ニッセイアセットマネジメント執行役員統括部長チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー
井口 譲二
ニッセイアセットマネジメント執行役員統括部長チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー
井口 譲二

IFRS(国際会計)諮問会議委員、ICGN理事指名委員会委員、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)委員、金融庁『サステナブルファイナンス有識者会議委員/金融審議会専門委員/企業会計審議会監査部会臨時委員』、内閣官房『非財務情報可視化研究会委員』、経済産業省『人的資本経営の実現に向けた検討会委員』、日本証券アナリスト協会『サステナビリティ報告研究会座長』など。主な著書に『財務・非財務情報の実効的な開示』(別冊商事法務2018年4月)、『コーポレートガバナンス・コードの実践』(共著、日経BP、2021年8月)など。

株式会社大和証券グループ本社 経営企画部SDGs推進室 室長
川那部 留理子
株式会社大和証券グループ本社 経営企画部SDGs推進室 室長
川那部 留理子

英国サセックス大学IDSにて国際開発学を修了し、2005年に大和証券SMBCへ入社。10年以上に亘り、投資銀行部門において上場会社の資金調達・財務戦略の策定また企業開示のサポートを担当。2018年10月より大和証券グループ本社のSDGs推進室長に就任し、グループ全体のサステナビリティ方針の策定や推進体制の整備、サステナビリティ情報の開示や機関投資家との対話を行う。2022年1月よりSSBJ設立準備委員会委員を経て、7月よりSSBJ(サステナビリティ基準委員会)委員に就任。

キリンホールディングス株式会社 常務執行役員
溝内 良輔
キリンホールディングス株式会社 常務執行役員
溝内 良輔

1982年一橋大学経済学部卒業、キリンビール入社。1988年MIT Sloan School of Management修了。1997年キリンビール市場リサーチ室長。2010年Lion Pty Ltd常勤取締役(シドニー駐在)。2012年キリンホールディングス経営企画部長。2015年常務執行役員ブラジルキリン担当。2017年からグループCSV(Creating Shared Value)を担当。

公益財団法人 財務会計基準機構(FASF) 理事長
林田 英治
公益財団法人 財務会計基準機構(FASF) 理事長
林田 英治

2019年6月よりFASF理事長

サステナビリティ基準委員会(SSBJ)委員長 兼 企業会計基準委員会(ASBJ)委員長
川西 安喜
サステナビリティ基準委員会(SSBJ)委員長 兼 企業会計基準委員会(ASBJ)委員長
川西 安喜

2022年4月よりASBJ委員長。2022年7月よりSSBJ委員長

日本公認会計士協会 会長
茂木 哲也
日本公認会計士協会 会長
茂木 哲也

2013年より日本公認会計士協会協力理事(監査保証・業種別担当)、2019年より常務理事(総務・地域会・地域活性化・渉外担当)及び東京会副会長(特命担当)に就任。
2022年より日本公認会計士協会会長に就任。

日本公認会計士協会 副会長
藤本 貴子
日本公認会計士協会 副会長
藤本 貴子

2016年より日本公認会計士協会会計制度・IFRS担当協力理事、2019年より企業会計・企業情報開示担当常務理事として、会計を含む企業情報開示全般について担当。

2022年7月より日本公認会計士協会副会長に就任。監査・保証業務も併せて担当。2022年1月よりSSBJ設立準備委員会委員を経て、7月よりSSBJ(サステナビリティ基準委員会)委員に就任。

日本公認会計士協会
テクニカルディレクター
森 洋一
日本公認会計士協会
テクニカルディレクター
森 洋一

監査法人にて監査業務、サステナビリティ関連業務を経験。独立後、企業報告、サステナビリティ、コーポレートガバナンス関連業務に従事するとともに、IIRC、気候開示基準審議会CDSB、IAASB等における国際的な企業報告及び保証に関するフレームワーク・基準開発に参画。

会員参加・CPE単位登録のご案内

  • xxxxxx
  • xxxxxx
  • xxxxxx

※「登録」の際はCPE ONLINEへのログインが必要です。

ATTENTION

CPE単位の登録は、CPE ONLINEへのログインが必要です。
視聴前にログインをしておくことをおすすめします。

  • 電子申告の利用登録が
    まだの方

    CPE ONLINEへの
    新規登録はこちら

    登録完了はフォーム入力の翌日になることがありますので、10/27までに登録をお願いします。

  • ログインできるかどうか
    分からない方

    お試しログイン

    開催の前日までにご確認ください。

お問合わせ
日本公認会計士協会 企業情報開示グループ
MAIL: kigyojyoho@sec.jicpa.or.jp
©2022日本公認会計士協会