ログイン
研修登録番号

パスワード




電子申告登録を行ったパスワードでログインしてください。
パスワードを忘れた方

CPE ONLINEへのログインについて

初めてご利用になる方は、電子申告の利用登録が必要となります。
電子申告に登録を行うと以下のサービスをご利用いただくことができます。
■電子申告
■eラーニング
■eラーニング教材
■研修会の申込
■申込研修会の照会

登録はこちらのフォームに必要事項をご入力ください。

会員共通ユーザー名について
鍵マーク が表示されている情報の閲覧には、会員・準会員の共通のユーザー名及びパスワードの入力が必要です。
※パスワードのご案内
ログインに必要な研修登録番号及びパスワードは、CPEレター2016年保存版に掲載しております。
お問い合わせ
日本公認会計士協会
総務本部 研修グループ
TEL:03-3515-1126
FAX:050-3737-6397
お問合せフォーム
集合研修CD-ROM
倫理
会計
監査
税務
コンサルティング
組織環境
スキル

平成29、30年度 集合研修CD-ROM・e-ラーニング化しない研修会

集合研修CD-ROMトップ
研修会申込手順

税務

 
民法改正による税務への影響※Windows Vista,7対応、IE7~11対応
教材コード G042820
開催 2018/12/6
内容  課税の根拠たる租税法令の適用は規定の趣旨を踏まえた文理解釈が基本です。もっとも、租税法令はすべての概念を自足的に定義しておらず、私法の概念を借用しています。また、課税は私達の経済活動に依拠しています。租税法令の借用概念の多くは民法に規定され、私達の経済活動は民法が規律しています。
 民法は、総則編・物権編・債権編・親族編・相続編の5編からなっていますが、このうち総則編・債権編と相続編が改正されました。前者が債権法改正、後者が相続法改正と一般に呼ばれるものです。
 本研修は、現行の民法と税法の関係でさえ詳らかになっていないとの評価がある中で、債権法改正と相続法改正の概要を解説したうえ、租税法令の解釈への影響が見込まれる項目について若干の私見を述べます。


■講 師:山崎 岳人(弁護士)
研修コード 4499 税務
履修単位 2
販売価格 3,000 (非課税)




集合研修CD-ROM教材の注文について

[利用条件・支払方法等] ※ご注文の前に必ずご確認ください。

[注文方法]
  • 集合研修CD-ROM教材を購入する場合は、CD-ROM教材をカートに追加して一括で注文を行うことができます。
  • 「削除」ボタンを押すとカートに追加したCD-ROM教材を削除できます。
  • 注文を押すと登録されているカート内の購入リストで一括注文を行うことができます。