ログイン
研修登録番号

パスワード




電子申告登録を行ったパスワードでログインしてください。
パスワードを忘れた方

CPE ONLINEへのログインについて

初めてご利用になる方は、電子申告の利用登録が必要となります。
電子申告に登録を行うと以下のサービスをご利用いただくことができます。
■電子申告
■eラーニング
■eラーニング教材
■研修会の申込
■申込研修会の照会

登録はこちらのフォームに必要事項をご入力ください。

会員共通ユーザー名について
鍵マーク が表示されている情報の閲覧には、会員・準会員の共通のユーザー名及びパスワードの入力が必要です。
※パスワードのご案内
ログインに必要な研修登録番号及びパスワードは、CPEレターに掲載しております。
お問い合わせ
日本公認会計士協会
総務本部 研修グループ
TEL:03-3515-1126
FAX:050-3737-6397
お問合せフォーム
集合研修CD-ROM
倫理
会計
監査
税務
コンサルティング
組織環境
スキル

平成29、30年度 集合研修CD-ROM・e-ラーニング化しない研修会

集合研修CD-ROMトップ
研修会申込手順

監査

 
(D&I)組織内会計士研修会「監査上の主要な検討事項」の適用事例セミナー ~「「監査上の主要な検討事項」の早期適用事例分析レポート」を踏まえて~
教材コード G035020
開催 2021/3/11
内容 本公認会計士協会・組織内会計士協議会では、組織内会計士の資質の維持及び向上を図るとともに、
組織内会計士の組織化を推進し会員及び準会員の活動領域の拡充及び人材の流動化を促進することを目的として、
組織内会計士に関する研修会等を実施しています。
2018年7月5日付けで企業会計審議会から公表された「監査基準の改訂に関する意見書」により、
監査上の主要な検討事項(KAM)が、我が国の監査実務に導入されました。
KAMの記載は、監査人が実施した監査の透明性を向上させ、監査報告書の情報価値を高めることにその意義があるとされております。
日本公認会計士協会(監査基準委員会)では、2021年3月期の強制適用に向けて、2020年3月期までにKAMを早期適用した事例を分析し、
監査基準委員会研究資料第1号「「監査上の主要な検討事項」の早期適用事例分析レポート」として公表しました。
本研修では、当該研究資料を踏まえて、CFOや実務家等、財務諸表作成者の方へ向けて、KAMの強制適用に向けた留意事項、
KAMの記載をより有意義にするための留意点の解説を行いますので、奮ってご参加ください。

【内  容】
・ KAMの制度概要と早期適用事例の全体
・ KAMの早期適用事例と強制適用に向けた留意事項
・ KAMの記載をより有意義にするための留意点

講師:中山 清美(公認会計士/監査上の主要な検討事項分析チーム リーダー)
研修コード 3107 監査の品質
履修単位 2
販売価格 1,500 (非課税)




集合研修CD-ROM教材の注文について

[利用条件・支払方法等] ※ご注文の前に必ずご確認ください。

[注文方法]
  • 集合研修CD-ROM教材を購入する場合は、CD-ROM教材をカートに追加して一括で注文を行うことができます。
  • 「削除」ボタンを押すとカートに追加したCD-ROM教材を削除できます。
  • 注文を押すと登録されているカート内の購入リストで一括注文を行うことができます。