ログイン
研修登録番号

パスワード




電子申告登録を行ったパスワードでログインしてください。
パスワードを忘れた方

CPE ONLINEへのログインについて

初めてご利用になる方は、電子申告の利用登録が必要となります。
電子申告に登録を行うと以下のサービスをご利用いただくことができます。
■電子申告
■eラーニング
■eラーニング教材
■研修会の申込
■申込研修会の照会

登録はこちらのフォームに必要事項をご入力ください。

会員共通ユーザー名について
鍵マーク が表示されている情報の閲覧には、会員・準会員の共通のユーザー名及びパスワードの入力が必要です。
※パスワードのご案内
ログインに必要な研修登録番号及びパスワードは、CPEレター2016年保存版に掲載しております。
お問い合わせ
日本公認会計士協会
総務本部 研修グループ
TEL:03-3515-1126
FAX:050-3737-6397
お問合せフォーム

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



平成28年度から、法定監査業務に従事する会員に係る必須単位数「監査の品質及び
不正リスク対応」の6単位のうち2単位以上は、不正事例研究(研修コード3192)に
該当する研修を履修していただくことが必須となります。
会員登録名簿記載事項に変更があったときは、遅滞なく変更届出をしてください。
(協会ウェブサイト)変更登録申請書ダウンロードページへ ※手続きは無料です。
会費払込みのご案内
平成29年度前期分(4月~9月)の普通会費及び地域会会費のご案内をお送りしております。ご案内が届きましたら、お手続きをお願いいたします。

集合研修

■ 「本部研修会」を 10/6 に東京にて開催
- IFRSと日本基準との主要な相違点
- IFRSに基づく連結財務諸表の開示の基礎
■ 「[本部研修会] 国際税務の基礎と実務」を 10/14 に東京にて開催
■ 「秋季全国研修会」を 10/18~10/20 に全国30会場にて開催
- 10/18:非居住者金融口座に関する自動的情報交換(CRS)の実施
- 10/18:監査提言集の解説 ~「会計基準の理解」と「グループ監査」ほか~
- 10/18:監査報告書の長文化に向けた動向
- 10/19:監査事務所における品質管理に係る改善勧告事例
- 10/19:倫理規則改正に向けた動向について ―違法行為への対応及びローテーション―
- 10/19:IT委員会実務指針第7号「受託業務のセキュリティ、可用性、処理のインテグリティ、機密保持及びプライバシーに係る内部統制の保証報告書」の改正 ― 付録4の構成の変更とプライバシーの規準の見直しについて
- 10/20:公認会計士に求められてきた倫理を振り返る
- 10/20:監査事務所検査結果事例集の公表について
- 10/20:所得控除に関する実務(最近の税制改正内容を中心に)
■ 「[税務業務部会研修会] 第50回税務業務部会研修会」を 10/30 に東京にて開催
- 金融商品課税の要点
 

集合研修CD-ROM

IFRS第16号「リース」の解説※Windows Vista,7対応、IE7~11対応
2017.09.15更新
IFRSの基礎の基礎※Windows Vista,7対応、IE7~11対応
2017.09.15更新
「社外監査役と社外取締役に期待される役割りと課題」~公認会計士がコーポレート・ガバナンス改革の主要な担い手となるために~※Windows Vista,7対応、IE7~11対応
監査の品質 2017.09.15更新
組織内会計士協議会主催研修会「『建設的対話』を深めるIR・情報開示とは」※Windows Vista,7対応、IE7~11対応
2017.09.15更新
あらゆる可能性を調査せよ 些細な証拠が不正摘発の手掛かりとなる※Windows Vista,7対応、IE7~11対応
不正事例 2017.08.30更新

CPE制度協議会からのお知らせ

「平成28年度履修結果」の通知について
6月5日(月)、CPE ONLINE上に「平成28年度履修結果通知書」のPDFを表示しました。
また、文書による通知につきましては、6月7日(水)より順次発送いたします。
通知内容に異議がある場合は、本通知日からおおむね30日以内に文書により継続的専門研修制度協議会あてに異議申立てをしてください。
2017.06.06更新
軽装の実施について
 [詳しくはこちら]
2017.04.27更新
平成29年度の研修免除・軽減申請受付け期間について
平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の研修免除・軽減の申請受け付けは、平成29年4月1日~平成29年8月31日までです。平成28年度に承認された場合でも事業年度ごとの申請が必要となりますので、事由が確定している場合は、速やかにご申請をお願いいたします。
2017.04.27更新
  過去のお知らせ一覧